「浅草 神谷バー 攻略」で検索された方へ

浅草にある神谷バーの話です。浅草駅降りて雷門の逆方向に30秒歩けば見えてきます。2019年3月に訪れました。日本最古のバーでありエモくて賑わっています。神谷バーの注文方法が”初見殺し”と各ブログに書かれています。ここにたどり着いた方、忘備録(全然もう一回行きたいぐらい良かったな)として記事にします。

記入例みたいな住所だな。

この建物は1F、2F、3Fとも神谷シリーズ。はじめは1Fの注文方法が怖く2Fのレストランに行こうとしたのですが混んでて辞めました…。普通にランチもあってレストランカミヤも行ってみたいです。

以下、私たちの行動履歴です。
まずお店の入り口を入ってすぐ良く見るタイプのサンプルが並びます。事前情報として「食券式であること・入って右側のカウンターで食券を買うこと(券売機は無し)」ということで食べたいものをまず定めました。
カウンターに向かったところ「席は取りましたか?」とのこと。
どうやら席を取ってから食券を買うようです(大学の食堂・治安悪いときのスタバスタイル)。

席のとり方は全席相席で、自力奪取となります。ウエイターさんの案内は皆無。150席ぐらいありますが私たちが行ったときは混んでて6席ぐらいしか空いてませんでした。タイミングよく4人テーブルが空いたので助かりましたがどこも空かなかったらそのまま相席申し出られず死亡もあり得たな…。

席取り後、入り口カウンターに戻りチケットを買います。チケット買ったら席に座り、歩き回るウエイターさんを捕まえ、渡します(ウエイターさんみんな忙しそうだし足が速いため難易度高い)。

ここまで来れたらあとは大丈夫です。普通です。追加注文は席でウエイターさんに言えば可能です。お金も席で支払います。
ちなみにこの電気ブランが名物でブランデーのカクテルです。イキっていただきました。

半透明、ピントあってくれないな!!!!!(このタイミングで品のある老夫婦と相席となりました)

待ってたら注文したナポリタンとカマンベールチーズ揚げがきました。うま〜〜〜い。値段も良心的だしお通しなし・現金支払いのみのスーパー明朗会計(このタイミングで品のある老夫婦が俺らのナポリを参考にナポリ注文してました)。

帰るときはそのまま散らかしっぱなしでお店を出て大丈夫です。片付けてくれます。客層としては8割が常連っぽい人生ベテラン、2割が観光客って感じでした。誰も深く干渉しないのがとてもよかった。

攻略法まとめます。
①席を確保する(相席無理な人は空いている時間に行くしかないです)。
②入口付近のメニューで食べたいものを決める。
③入口付近のカウンターでチケットを買う。
④確保した席に戻り、ウエイターさんを捕まえてチケットちぎってもらう。
 (話変わるけどチケットちぎるときの片手でやってて職人芸って感じ)
⑤追加注文は席での現金払いが可能。
⑥帰るときはそのままぬるりと帰って問題なし。

以上が神谷バーの攻略法です。裏技とかバグとか見つけたら連絡くださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です