映画「スパイダーマン(サム・ライミ版)(2002)」を観た

R-指定が「SAM ID」とライムしたでお馴染みのサム・ライミ。R-指定ファンならサム・ライミ作品を観なければということでスパイダーマンをNetflixで見ることにしました。スパイダーマンのことはMCUでやっていた分は知っています。あと、ベンおじさんが死をきっかけにスパイダーマンになったことも知っています。

あらすじ(全ネタバレ)

高校生トビー・マグワイアは両親を早くに亡くし、クリフ・ロバートソンおじさんとローズマリー・ハリスおばさんに育てられた。高校では科学好きのオタクでいじめられっ子、親友はジェームズ・フランコ1人しかいない。幼馴染のキルスティン・ダンストにも想いを伝えられない日々を過ごす。
トビー・マグワイアは遺伝子改良された「スーパースパイダー」に噛まれたことがキッカケで超人的能力が身につく。能力を身につけたトビー・マグワイアはいじめっ子のジョー・マンガニエロをぶっ飛ばしたり、賞金稼ぎにプロレスに出場したりする。ある日、不遇の扱いを受けたトビー・マグワイアは腹いせに強盗の逃走に手を貸す。その強盗は逃走中にクリフ・ロバートソンを殺人する。
自らの過ちの償いとしてトビー・マグワイアは親愛なる隣人スパイダーマンとして街の安全を守る活動をはじめる。地元新聞社社長のJ・K・シモンズは自警団気取りの迷惑行為が気に入らない。記事にするためにスパイダーマンの写真を公募する。公募広告を見つけたトビー・マグワイアは自作自演でスパイダーマンの写真を投稿し、カメラマンとして働き始める。
一方その頃、巨大軍需企業「オズコープ」社長であり、ジェームズ・フランコの父親であるウィレム・デフォーは会社再建のため役員から辞職を迫られる。そのストレスで研究中のパワー増強剤を服用するが、副作用により別人格「グリーン・ゴブリン」が覚醒しとなり、オズコープの記念フェスティバル中に暴走を始める。
記念フェスティバルに参加していたトビー・マグワイアはグリーン・ゴブリンを退けることに成功するが、親友ジェームズと想いを寄せていたキルスティンがデートをしているのを目撃してしまい、ジェームズと険悪になる。
ウィレム・デフォーは新聞社に乗り込み、スパイダーマンを仲間に勧誘するが、断られる。その様子を観ていたJ・K・シモンズはスパイダーマンを指名手配する。その後、ウィレム・デフォーはトビー・マグワイアがスパイダーマンの正体だと感づく。
ウィレム・デフォーはトビー・マグワイアを襲うが、死闘の末、スパイダーマンが勝利し、グリーン・ゴブリンは死亡する。その最期、スパイダーマンはウィレム・デフォーを自室のベッドに寝かすが、その姿をジェームズ・フランコに目撃される。ジェームズはスパイダーマンを父の仇として認識した。

監督・出演

サム・ライミ(監督):スパイダーマン1〜3、死霊のはらわたの監督。ドクター・ストレンジ次作の監督になる噂がある。
トビー・マグワイア(ピーター・パーカー):サイダーハウス・ルール(1999)の主演。最近は俳優としてでなく製作として関わることが多いみたい。
ウィレム・デフォー(ノーマン・オズボーン):おれにとってはジョン・ウィック、アクアマンの人。世間的にはプラトーンの人。
キルスティン・ダンスト(MJ):ジェイク・ギレンホールの元カノ。有名所だとマリー・アントワネットのマリー・アントワネット役。
ジェームズ・フランコ(ハリー・オズボーン):127時間(デッドプールでオマージュされてたやつ!)の主演。オズ はじまりの戦い(2013)で再度サム・ライミとタッグを組んだ。
J・K・シモンズ(JJJ):耳馴染みがある名前だけど、なにで聞き馴染みあるんだろ。セッション(2014)での鬼教師、ジャスティス・リーグでのゴードン警部(いたか??)。

観ながらメモ

噂では聞いてたけどメイおばさんの年齢感、MCUで考えると老けてるなあ
動体視力良くなってるシーンかっこいいな
フラッシュじゃん!!!MCU版より可愛げがない
SHAZAM!!ってやっぱり普通にアメリカ文化なんだ
MCUより内面の葛藤とかウジウジが多い、これぞアメリカ映画って感じ
ナードがヒーローになるための「コスチュームを思案する時間」いいな〜。アイアンマンも。
「大いなる力には大いなる責任が伴う」
HumanSpiderよりSpiderManのほうがかっこよくない?
賞金もらったあとの強盗逃したピーター嫌なやつだなあ
スパイダーマンとしてはビルを「下から上に上がる」より「上から下に下がる」方がかっこいいなあ
おじさんが殺された件、まじでショックだろうな…、かわいそう
ビルからビルに駆け回る映像、夜より昼のほうがかっこいい
スパイダーマンあるある、お尻を市民に褒められがち
こういう経緯でピーター・パーカーカメラマンになったんだ
オズコープ祭典のビッグバルーンかなり可愛いな
フェスティバル中の町並みで各企業の広告看板見れて嬉しい、サントリー「響」もあった
グリーン・ゴブリンの乗り物もオズコープで開発してたのかな
骨になる手榴弾みたいなやつ怖すぎる
グリーン・ゴブリン見た目雑魚そうだけど意図的か?当時のかっこいい価値観?
なんでMJチャイナドレス着てるんだろ、綺麗だけど。
ウィレム・デフォーが鏡と話すシーン、安くコミカルに見えちゃうけど当時斬新だったのかな
グリーン・ゴブリンって、このスーツを事前にオズコープで用意はしていたってことか?
グリーン・ゴブリンが勧誘するシーン、りゅうおうみたいだね
火事から救ったスパイダーマンかっこよい
血がたれた音で異変に気づけるの聴力すごすぎない?
スパイダーマン、隠れるためにあの場所に貼り付けるならかくれんぼ無敵
ターキーでけえ!!!美味しそ!!!!
スパイダーマンホームカミングでもあったけど「怖い大人がスパイダーマンの招待に気づくシーン」こええ〜
あの状況でも父親をバカにされると息子はやっぱり怒るんだな
出た!!!スパイダーマン伝統の逆さ吊りのキス!
メイおばさんから襲うの許せないな
メイおばさんが恋を後押しするのかっこいい
「子どもたち」か「好きな人」の二択を迫られて、優先順位あったのよかった(結局両方助けたけど)、どっちも同時に助けられる興ざめするから。
市民がヒーローに味方してくれるの嬉しい、ほとんどのヒーローは市民に嫌われているところが描かれがちなので。
「父ならいる、ベン・パーカーだ」のところかっこいい。
グリーン・ゴブリンの乗り物、仮にピーターを刺せてもあの勢いだと結局自分も刺さりそう
ピーター・パーカーも告白しちゃえばいいのにね
最後「I’m SpiderMan」で終わるんだ
エンディングの入り、黄色いタクシーめっちゃ多いけど、アメリカってタクシーこんなに多いんだ。

まとめ

当たり前だが、最近のものに比べれば街を駆け回るド迫力さは欠けているかも(PS4 Proレベル)。スパイダーマンのオリジンを知るにはここから入るのが良さそうです(MCUだとベンおじさんスキップされてるし)。父をスパイダーマンに殺された(と思っている)ハリーが次作ではどうなるか気になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください